TOP > プロと学生の違い

プロ家庭教師と学生家庭教師の違い

家庭教師には、“プロ”と“学生”がいます。
子どもの学習状況に合った家庭教師を選ぶためには、まずはプロと学生それぞれの特徴を知ることが大切です。 以下のようなプロと学生の違いを知ったうえで、どちらに頼むのかを検討しましょう。

プロ家庭教師の特徴・学生との違い

指導歴が長いので、色んな子どもを指導した経験がある 学生に比べ、指導歴が長く色々なタイプの子どもを教えたことがある先生が多いです。
「こんな性格の子どもにはこの指導」という独自のノウハウを確立しているので、指導を始めて間もない時期から、子どもに合わせた明確な勉強のスケジュールを組み立ててくれます。

受験情報が豊富で難関校対策もしてくれる 指導受験情報を豊富に持っており、難関校や高偏差値校の対策に強いです。難しい独自問題など、学校の授業では教えてもらえない内容も指導をしてもらえます。

また、私立の中高一貫校に通っている場合、難易度の高い教科書を使う学校もあります。プロ家庭教師はそういった学校の授業内容に合わせた指導ができるので、私立の難関校に通っているお子さんにはプロがおすすめです。

保護者が相談しやすい 保護者からの相談に、知識と経験を活かした具体的なアドバイスをしてくれます。
学校の先生には聞きづらい勉強や進路の悩みも相談しやすく、頼れる専門家として保護者の不安を解消してくれます。これまでの指導歴を活かして、「子どもと似たタイプの生徒を指導したときの経験談」をもとにアドバイスをくれるので、安心して相談できます。

授業料は学生と比べ割高に 学生家庭教師と比べ、授業料は割高になります。
ですが社会人経験があるのでビジネスマナーが備わっている先生が多く、安心して家に呼ぶことができます。

学生家庭教師の特徴・プロとの違い

子どもと年齢が近いため、親しみやすい 「お兄さん、お姉さん」と接するような感覚で話せるので親しみやすく、勉強の質問も気軽にできます。
また、先生を通して「高校生活」や「大学生活」がどのようなものなのかを子どもに見せることができるので、将来を具体的にイメージするきっかけを与えられます。進路や将来について親の口から話してもピンと来ないタイプのお子さんには、学生家庭教師がピッタリです。

先生が実際に体験した、実践的な勉強のテクニックが聞ける 親しみプロ家庭教師の場合、学校のテストを受けたり、受験をした経験は何年・何十年も前のことになります。しかし、学生の場合テストや受験の経験が記憶に新しいので、自分の経験を活かした実践的な指導をしてもらえます。

そのアドバイスは「テスト直前にこれを勉強した」「受験前日にこれをしたおかげで緊張せずに試験に挑めた」といった具体的なものであるため、子どもも実際の勉強に取り入れやすく、成績アップにつながる情報をたくさん手に入れられるでしょう。

子どもが悩みを打ち明けやすい 中学生は多感な時期。学校や友人間での悩みがあると、なかなか勉強が進まず成績も上がりづらくなってしまいます。子どもの様子がいつもと違い、「何か悩んでいるようだけど、親にはなかなか話してくれない…」とモヤモヤした経験がある方もいるのではないでしょうか。
そんなとき、年齢の近い学生家庭教師がいれば子どもも悩みを打ち明けやすく、勉強が手につかない状態から回復する手助けをしてくれます。

授業料が安い 学生に頼む場合、プロと比べ安い料金で授業が受けられます。
教育費にそこまでかけられないけど、子どもに家庭教師をつけたいと悩んでいる方には良い選択だと思います。

子どもに合った家庭教師を探すために

ポイント学生とプロには、ここまでお話してきたような色々な違いがあります。
普段から勉強への意識が高く「難関校に挑戦したい」という気持ちのある子どもは、プロ家庭教師に指導を依頼し、学校ではしてくれないような受験対策をしてもらうことがおすすめです。
逆に勉強が嫌いで成績がなかなか上がらないタイプの子は、「お兄さん・お姉さん」のように親しくなれる学生の家庭教師に依頼することで勉強することが楽しくなり、やる気を持つきっかけになるでしょう。

また、一対一で教わる家庭教師は先生との相性が大切です。
子どもの性格や勉強の状況によって合う先生は変わってきますので、プロか学生どちらにするか決めてから、家庭教師センターの体験授業を受けるなどして指導が子どもに合っているか確認しましょう。

体験授業は無料で行っている所も多くあるので、ぜひ複数のセンターの授業を受けてみましょう。会社ごとの指導方針の違いを知ることができ、色々なタイプの家庭教師の指導を受けられるので、子どもにどんな先生が合うのかが明確に分かってきます。

無料の体験授業を行っている、おすすめ家庭教師センター