トップページ コラム 特集 超簡単!相性最高の先生を見つける3つの極意とは?!

超簡単!相性最高の先生を見つける3つの極意とは?!

子どもの成績UPさせる上で、最も重要なのが【担当の先生との相性】です。これは、家庭教師だけでなく、塾や学校でも同じことが言えます。
なぜなら、相性次第で子どものやる気は大きく変わるからです。

相性の悪い先生の指導だと…

  • こんなこともできないのか!といった態度・言動でやる気が無くなった。
  • 授業がつまらなくて、つい居眠り…。
  • 質問しても難しすぎて理解ができない。
  • 嫌いな先生のアドバイスに反発してしまう。

(逆に、大好きな先生だと、苦手な教科も頑張れちゃう。。。)

お母さんも学生時代、こんなことはありませんでしたか?

つまり、評判の良い塾や家庭教師、評価の高い指導法があったとしても、担当の先生との相性が悪ければ、やる気や成績は上がらず、費やしたお金や時間が無駄になってしまう可能性もあるのです。

だったら、相性の良い先生に教わりたいですよね。

そこで!誰でもカンタンにできる【最高に相性の良い先生に出会える3つの極意】を教えます!
ぜひ、このページを参考にして、相性の良い先生を見つけてください!

極意1|家庭教師をつけたい理由をセンターに伝える

塾や通信教材など色々な勉強の手段がある中であえて家庭教師を検討しているのは、「家庭教師がベストだ!」と考えた明確な理由があるからだと思います。

例えば、こんな理由から家庭教師を検討する方が多いです。

  • 塾だと質問できなくて、分からない所がそのままになりそうだから
  • 勉強嫌いで自学の習慣がないから、一対一で習慣付けから指導して欲しい
  • 飲み込みが遅いタイプなので、子どものペースに合わせて教えてもらいたい

など…

ズバリ!上記のような具体的な理由をそのまま家庭教師センターに伝えましょう!

「子どものどんなところが家庭教師向きだと思ったのか」をストレートに伝えることで、“子どもの成績が伸びない原因”をより詳しくセンターに把握してもらうことができます。
その結果、その子の“伸びない原因”を解決するためにピッタリの先生を家庭教師センターに選んでもらうことができるのです。

極意2|家庭教師センターと、子どもの「〇〇」について話をする

「〇〇」とは、「子どもの要望」のこと。
子どもにどんな先生が良いか希望を聞くと、親からすると「勉強に関係ないじゃない!」と言いたくもなるような意見が出てくることがあります。

例えば…

  • 部活の話をしたいからサッカーが好きな先生がいい
  • 趣味のゲームの話をしたい

といったことです。

「勉強しないで遊びの話をしたいだけじゃない!」と却下したくもなりますが、実は「勉強に関係ない子どもの要望」にこそ、相性の良い先生と巡り会うためのヒントが隠れています。
そういった子どもの希望を家庭教師センターに伝えることも重要なポイントの一つなのです。

なぜかというと…
子どもの要望をセンターに伝えると、勉強面でも子どもと共通項の多い先生がやって来ます。
前の例でいうと…

  • 中学のときにサッカー部と勉強の両立に苦労した先生
  • ゲームをやる時間と勉強する時間のメリハリの付け方に悩んだ経験のある先生

子どもと似たところのある先生は、勉強面においても子どもと同じ悩みを持ち、それを克服した経験を持っていることが多いのです。
そんな経験を活かし、子ども目線での実践的なアドバイスができるので、成績が上がらない原因を根本から解決できる、相性の良い家庭教師である可能性が高いのです。

さらに、普段の授業でも「問題の解き方を趣味の話に例えて教える」など、子どもの興味を刺激する指導ができるので子どものやる気を引き出すことができ、内容も定着しやすくなるというメリットがあります。

※「勉強しないで趣味の話ばかりになるのでは…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、「指導報告書の提出がある」など、保護者が授業の内容を把握できるサポートが整っているセンターを選べばその心配はありません。

極意3|「先生交代・指導報告・登録人数」で家庭教師センターを選ぶ

家庭教師センターは子どもの学力や性格など様々な面を考慮して、ベストと思われる先生を紹介してくれます。
最初から相性バッチリの先生が来てくれることにこしたことはありません。しかし、指導の回数を重ねないと見えてこないこともたくさんあります。
指導を開始してしばらく経ってから「先生を交代したほうが良いのかも…」と思ったとき、気軽に先生交代を頼める仕組みがあるセンターを選びましょう。

家庭教師の交代を依頼するのは、保護者としても勇気のいる決断です。
そんなとき、

  • 先生交代が回数の制限なく、無料で行える
  • 指導の様子を確認する連絡が家庭教師センターから定期的にもらえる

この2点のサポートがあるだけで、より気軽に先生の交代を相談できるようになります。

さらにもう1つ、相性の良い先生を見つけるために重要なのが
先生の登録人数の多いセンターを選ぶことです。
登録している家庭教師が多ければ多いほど、子どもと相性の良い先生に出会える可能性も高まるからです。

このように、「先生を交代したほうが良いときもある」ということを理解して仕組みを整え、豊富な先生を揃えているセンターを選びましょう。
そんなセンターほど指導を先生任せにはせず、スタッフがこまめに連絡をいれて丁寧にサポートする傾向があります。
相性の良い家庭教師を見つけるには、センターのサポートの手厚さも見るべきポイントになるのです。

相性の良い家庭教師を見つけるために

相性の良い先生を見つけるためには

  • 先生を探すヒントになる情報を、家庭教師センターに詳細に伝える
  • 良い先生を見つけ出すためのサポートが整っている会社を選ぶ

ことが大切です。

また、「本当に相性の良い家庭教師」を紹介してくれるセンターなのかを確認するために、体験授業を受けて実際の指導やスタッフの応対を確かめることをおすすめします。
体験授業を通して指導中の子どもの様子を見ることもできるので、「どんな先生なら相性が合うのか」を実際に確認することもできます。

体験授業は無料で行っている会社も多いので、ぜひ複数のセンターの体験授業を受けて比較しましょう。

前のページに戻る